パナマ文書について思うこと。

こんにちは、渕香織です。
先日、夫の実家である広島に行きました。
そこで、大学時代の友人に10年ぶりくらいに会いました。
友人「香織は税理士だったよね。今どんな仕事をしてるの?」
わたし「国際税務や英語を使った税務や会計の仕事を主にやってるよ。」
友人「タックスヘイブンとかそういうの?」
彼女は税務と全く無縁の世界にいる人です。
それなのに、タックスヘイブンという言葉がさらっと出てくるとは、
さすが、あの「パナマ文書」の影響ですよねー。
以前はタックスヘイブンなんていうと「タックスへブン?税金天国?」なんて
セミナー後に税理士さんからも聞かれたことがあるくらい、あまり知られてなかった言葉だと思います。
さて、パナマ文書については、テレビや新聞でたくさん報道がされてますね。
全体的に新聞の専門家のコメントはなるほどって思うことが結構あります。
でも、新聞記事やテレビの解説では、なんか違和感を感じることもあります。
そのあたりを次回に具体的にお話させていただきたいと思います。
それでは皆さんまた明日ー。
 

関連記事

  1. 国際税務を使った節税?!脱税?!

    2012.09.9

  2. 香港やシンガポールを使った節税って?!

    2012.06.24

  3. パナマ文書について思うこと2

    2016.05.20

カテゴリー

最近の記事

  1. 中央経済社「会計人コース」の密着取材を受けました

    2019.01.9

  2. H29税制改正ー非永住者の課税所得の範囲

    2017.10.16

  3. エッサム㈱「税理士開業塾」で講師をしました

    2017.09.29

  4. 英語を使って税理士事務所で仕事をしてみませんか?

    2017.04.14

  5. 非永住者の税務-Tax treatment for…

    2017.03.22

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP