中小企業の移転価格税制

こんにちは。
国際税務♡税理士の渕香織です。

私のこのブログは同業者の方が多く読んでくださっているようです。
先日の税理士会で講演をさせていただいたときもそうですが、「ブログ読んでます」とお声をかけてくださることはとても嬉しいです。

さて、昨今、国際税務といえば、まず「移転価格税制」といっても過言ではないほど、移転価格についてよくご質問を受けます。

移転価格税制とは、海外の関連会社間取引での取引価格を、不当に安くしたり高くしたりすることで、本来得るべき所得が、他国の関連者に移転することを防ぐことを目的とする税制です。

日本では、租税特別措置法に移転価格税制についての条文があります。
誰もが聞いたことあるような大企業が移転価格でものすごい多額の課税が行われたという新聞で大きく取り上げらたりすることが多かったので、移転価格税制とは、大企業だけのものであり、中小企業には無縁の税制だと思われている傾向がありました。

ところが、昨今は、中小企業でも税務調査のときに関連会社間取引について聞かれることが増えています。

本格的な移転価格の調査までは入らないにしても、関連会社間取引のある会社は調査が入ったときに、質問をされたときにこたえられるように準備をしておく必要があると思います。いわゆるDocumentation化というものですね。

最近は、税理士の方からも移転価格について質問をしてこられる方が増えたように思います。大手税理士法人でも中小企業の移転価格を取り扱うことが増えたと元同僚から聞きましたが、やはり高額なフィーを請求されることが怖くてなかなか相談できないという話も聞きます。

そのような海外進出をされている中小企業をぜひサポートしていきたいと考えています。
それでは皆様また来週!

関連記事

  1. 震災後、自分の国へ帰った外国人の帰国費用はどう扱うの?

    2011.07.12

  2. 節税?脱税?

    2014.08.14

  3. 外国人の確定申告って?!

    2012.03.4

  4. 日経の取材&外国人の確定申告

    2013.11.15

  5. 国外転出課税およびお休みのお知らせ

    2015.04.21

  6. 国際税務ってなに?

    2010.12.30

カテゴリー

最近の記事

  1. シェアリングエコノミー2in Hawaii

    2019.09.17

  2. シェアリングエコノミーinハワイ★TURO

    2019.05.29

  3. 中央経済社「会計人コース」の密着取材を受けました

    2019.01.9

  4. H29税制改正ー非永住者の課税所得の範囲

    2017.10.16

  5. エッサム㈱「税理士開業塾」で講師をしました

    2017.09.29

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP