国外財産調書ーエキスパットは不要?!

皆様、こんにちは。外資系専門税理士事務所の渕香織です

特に、外国人の方が心配されているようですが、
エキスパット(外国人駐在員)は、海外に投資をしたり不動産を持っていたり
多くの資産を持っているケースが多いですが、
エキスパットは非永住者に該当するケースがほとんどですので、
だいたいは提出義務はないことになります。

*非永住者とは、居住者のうち、日本国籍を有しておらず、かつ、過去10年以内において国内に
住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下である個人をいいます。

これまで、日本で税金を支払うのを逃れるために海外に資産を隠し持っているような方でない限り
特別恐ろしいものではありません。実際はそのような方が多いのは事実なんですけどね。。。

私自身節税はしたいけど、いわゆる違法行為をして税金を払わなくする(つまり脱税)ことは、私の考えとは違います。
うちは資産家のご相談も多いのですが、みなさん節税はしたいけど脱税はばれなくてもしたくないという方ばかりです。
不思議ですが、そういうニオイがするのでしょうか。税理士資格はく奪して新聞にのりたくないですからね(笑)

さて、土曜日から北海道に来てます。
ルスツリゾートのスキーを楽しみました。
昨日は雪質がよくてうれしかったです。

今から札幌に移動です!行ってきます!

関連記事

  1. 平成25年度国際税務税制改正ー移転価格税制

    2013.10.24

  2. 役員の光熱費負担は、定期同額給与にならない?!~エキスパット…

    2013.03.4

  3. 外国人旅行者向け消費税免税制度の改正(消費税免税使いやすくな…

    2013.12.26

  4. 外国に住むスポーツ選手の課税の取り扱い

    2014.02.4

  5. 日経の取材&外国人の確定申告

    2013.11.15

  6. 国外財産調書

    2013.09.6

カテゴリー

最近の記事

  1. シェアリングエコノミー2in Hawaii

    2019.09.17

  2. シェアリングエコノミーinハワイ★TURO

    2019.05.29

  3. 中央経済社「会計人コース」の密着取材を受けました

    2019.01.9

  4. H29税制改正ー非永住者の課税所得の範囲

    2017.10.16

  5. エッサム㈱「税理士開業塾」で講師をしました

    2017.09.29

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP