IFRS for SMEs (中小企業向けIFRS)についてふっちーのひとり言。

今日は昨日の続き。

IFRS for SMEs(中小企業向けIFRS)のお話です。
中小企業向けIFRSはfull IFRS(完全版IFRS)の簡素化を目的に設定されています。
full IFRSをベースに作成されていますが、full IFRSからは独立した文書という位置づけです。

さて、この中小企業向けIFRSを導入する動きはあるのでしょうか?
現在のところ、日本の中小企業に導入する動きは全くないといっても過言ではありません。
もちろん上場企業や外資系企業などの子会社等はIFRSに無関心ではいられないと思います。
でもほとんどの中小企業には、たとえ海外進出や海外取引があったとしてもIFRSを導入することはないのではないでしょうか。
導入しないのは、日本だけではありません。
世界的にみても日本の中小企業の会計は進んでいる方だと思います。
OECD加盟国に存する中小企業でもIFRSを導入するところはほとんどないようです。

ものすごい労力かけてつくられたIFRS for SMEs, 使われないのはモッタイナイ気もしますが、導入メリットがない中小がほとんどなのも事実。
中小企業の場合、大企業と違って税務と会計の乖離ってほとんどないですよね?
だから税務=会計っていう図式が。

だからそういう中小企業にIFRSなんて導入すると税務がややこしくなるっていう意見も新聞に書かれていましたが、そうでしょうか?

続きは明日~。

関連記事

  1. 租税条約ってなに?

    2011.01.18

  2. 復興特別所得税の源泉徴収と租税条約との関係は?

    2012.08.29

  3. 租税条約183日ルールって?

    2012.10.17

  4. 租税条約結んでる国数と条約の数が異なるワケは?

    2011.01.31

  5. 非居住者や外国法人に対する源泉税ー復興特別所得税の取り扱い

    2014.12.5

  6. タックスヘイブン国との租税条約って?

    2011.06.17

カテゴリー

最近の記事

  1. シェアリングエコノミーinハワイ★TURO

    2019.05.29

  2. 中央経済社「会計人コース」の密着取材を受けました

    2019.01.9

  3. H29税制改正ー非永住者の課税所得の範囲

    2017.10.16

  4. エッサム㈱「税理士開業塾」で講師をしました

    2017.09.29

  5. 英語を使って税理士事務所で仕事をしてみませんか?

    2017.04.14

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP