税務裁判の紹介~海外不動産を買って節税できる?!Part1

皆様、こんにちは。国際税務専門税理士の渕香織です​​!

昨夜は確定申告の打ち上げを行いました。楽しい時間でした!
場所は東日本橋にあります(人形町からも歩けます)「登じま屋」。

本当にお料理が美味しくて時々無性に行きたくなります。
自慢のクライアントです。
誰に薦めてもみなさん喜んでもらえます。
ぜひ皆様も一度行ってみてください。

さて、今日の本題です。
名古屋高裁で争われていた税務裁判についてご紹介します。

簡略して事案の概要を書きます。

納税者らが外国信託銀行と信託契約を結び、銀行が組成した
アメリカのリミテッドパートナーシップ(”LPS”)に出資をしました。

LPSはいわゆる不動産投資事業をしているのですが、
その事業からはマイナスの所得が生じるとして
他の所得と損益通算をして個人の確定申告を行ったのです。

これに対し税務署はLPSは「法人」に該当して、本件損失は原告らに帰属しないので
損益通算はできないとして、争っていました。

結果は、納税者が勝ち損益通算ができるということになりました。

外国の事業体の法人該当性の判断は本当に難しいと思います。
数年前もUSLLCは日本では”法人”の扱いになると国税が見解を出して、
私が以前勤務していた時のチームはざわざわしていました。

その国でパススルー課税で法人でないとしても、
日本では法人となるケースもあるので注意が必要です。

海外の中古不動産を買って多額の減価償却費を計上して
損益通算して節税できるというスキームの紹介をしている不動産会社が
最近増えてきているようです。

その場合も直接購入しているのでなく、今回のように信託契約があるとか
LLCが間に入っているというケースが多いようです。。。

今日ご紹介した裁判には続きがあります。
続きはまた明日。。。

関連記事

  1. 外国に住むスポーツ選手の課税の取り扱い

    2014.02.4

  2. 海外に住む人の不動産所得は、国内に住む人と何が違うの?

    2011.03.10

  3. 海外送金すると課税される?!

    2013.05.22

  4. 非永住者の税務って?事例説明

    2012.04.8

  5. 26年度税制改正大綱ー外国法人の国際課税原則の見直し

    2014.01.20

  6. 役員の光熱費負担は、定期同額給与にならない?!~エキスパット…

    2013.03.4

カテゴリー

最近の記事

  1. 一時支援金ラストスパート!(Subsidy for…

    2021.05.7

  2. News Letter – Rent …

    2020.07.10

  3. Breaking news-how to appl…

    2020.04.29

  4. Subsidy for cooperation i…

    2020.04.24

  5. News Letter – COVID19 Sub…

    2020.04.15

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP