香港やシンガポールを使った節税って?!

皆様、こんばんは。
国際税務税理士の渕香織です

今週金曜日(29日)に迫った香港ビジネスセミナー、おかげさまで満員御礼となったと主催者より連絡をいただきました。ありがとうございます

皆様の期待に応えられるよう、現在セミナースライドを作りこんでいます
なんといっても、元EYの後輩が手伝ってくれたのがすごく大きかったです。
彼自身も国際税務の知識がある人で、私のセミナーの趣旨をすぐ理解してくれてたたき台をつくってくれました。本当に助かりました
セミナーでは、タックスヘイブンの話が中心になりそうです

今や香港は税率が低くてビジネスがしやすい場所であることはとても有名。
でもタックスヘイブン対策税制にひっかかりたくない

そこでどうすればいいのかとよく聞かれますが、一言でいうと「日本で課税の根拠をなくす」しかないのです
会社に限らず最近は個人の方でも富裕層を中心に香港やシンガポールなど税率の低い国へ資産や所得を移したいというお話はよく聞きます。
でも思い切って本気で「日本で課税の根拠をなくす」ことをせず中途半端なプランニングではかなりアブナイかと思います。。。

そういう具体的なお話もセミナーではさせていただこうと思います

それでは皆様おやすみなさい
今日から始まる1週間も皆様にとってよい毎日になりますように

関連記事

  1. パナマ文書について思うこと。

    2016.05.16

  2. パナマ文書について思うこと2

    2016.05.20

  3. 国際税務を使った節税?!脱税?!

    2012.09.9

カテゴリー

最近の記事

  1. Breaking news-how to appl…

    2020.04.29

  2. Subsidy for cooperation i…

    2020.04.24

  3. News Letter – COVID19 Sub…

    2020.04.15

  4. News Letter – Subsi…

    2020.03.11

  5. ニュースレター vol.1

    2019.12.11

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP