海外発のネット配信も消費税課税の方向へ。

皆さん、こんにちは。税理士の渕香織です。

来週火曜日(10月1日)にエッサム㈱の開業塾で、税理士の岸健一さんと私の対談があります。
http://kaikei-hiroba.com/kaigyo/seminar/2013/07/003243.php
私が3年前に開業してから今までの道のりについて、赤裸々にお話します。
1時間の体験談の後は、懇親会もありますので、もしご都合がつく方がいたら
ぜひお越しくださいませ。

さて、今日の本題です。
海外発のネット配信の電子書籍や音楽等には消費税がかからないことが問題になっています。
9月24日の日経にも大きく取り上げられていました。
私のブログでも、昨年下記のように書かせていただいております。
http://blog.kaori-fuchi.com/?month=201206

消費税は、国内での役務提供(サービス)に対して課税が行われます。
でも、外国法人による海外からのサービス提供には、課税が行われません。
ネット配信の電子書籍や音楽などは、原則、役務提供地(サービス配信されるところ)での課税になるので、海外の事業者が日本国内にサービス提供しても不課税となるというワケです。

ところが!
今後は、電子書籍などネット配信した場合であっても、サーバーの所在地などに関係なく課税される方向に動いているようです。
たとえば、ヤフーのサーバーが日本にあるからネット配信しても課税だけど、アマゾンやグーグルは海外から配信してるから不課税というのは、日本政府にとっては早くなんとかしなきゃと思うのも当然ムリないですよね。

ヨーロッパではすでにそうなってると新聞に書いてありましたが、
昔、インドに関わる仕事をしたときに、確かインドも海外からのサービス提供にもVAT(付加価値税。日本の消費税みたいなもの)がかかった気がします。
日本は遅すぎる?!

せっかくつくった制度が抜け穴だらけだと意味がないのでつくるからにはしっかりした制度をつくってもらいたいですね~。
っていうか、私もこういう制度づくりに関わってみたいです。

以前、経済産業省に出向してた時にそういう制度をつくっていくお仕事の末端をさせていただきましたが、こういう「海外を参考に制度づくり」というのもやりがいのあるお仕事なんでしょうね。だんだんと本題からずれていきつつあるので、今日はこれくらいで。。。よい週末を!!

関連記事

  1. 租税条約関係法規集のご案内

    2014.06.12

  2. 海外口座情報がオープンに?!

    2014.02.13

  3. 国際税務の今後のゆくえと国外財産調書制度の創設

    2011.12.31

  4. 外国税額控除ってなに?

    2011.01.19

  5. 外国に住むスポーツ選手の課税の取り扱い

    2014.02.4

  6. 役員の光熱費負担は、定期同額給与にならない?!~エキスパット…

    2013.03.4

カテゴリー

最近の記事

  1. News Letter – Subsi…

    2020.03.11

  2. ニュースレター vol.1

    2019.12.11

  3. Newsletter vol.1

    2019.12.11

  4. チュートリアル徳井さんの無申告

    2019.10.24

  5. シェアリングエコノミー2in Hawaii

    2019.09.17

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP